ゴルフ保険 請求

スポンサードリンク

ゴルフ保険で保険金の請求をする

ゴルフ保険に加入していて、保障に該当するような事項が起きた場合には、
速やかに保険会社へ請求しましょう。

 

請求には必要な書類がありますが、ほとんどがまず保険会社へ電話連絡を
して保障に該当する内容が起きたことを伝える決まりになっています。

 

担当が事項を認めたら、自宅に必要書類が届くのでそれを待つとして、
その間に必要な資料は用意しておきましょう。

 

保険会社にもよりますが、おおむね必要な資料は、保障に該当する事項が
起きたことを証明するものになります。

 

ケースによっては警察署や消防署の発行する証明書が必要だったり、交通事故
なら交通事故の証明書、損害があった場合は状況がわかるような写真、修理が
あった場合は修理業者の報告書など、損害の明細と領収書などの資料が必要資
料です。

 

また、身体に関わる場合には診断書や治療にかかった明細書や領収書が必要な
場合もありますし、その他保険が必要とする資料を用意するよう指定がある場
合もあります。

 

最初の電話で起きた事項を説明すれば、担当者から何を用意すれば良いか指定
があると思いますが、そこでわからないことはすべて聞いておきましょう。
でないと、後で何度も質問の電話をすることになりますし、二度手間三度手間
になってしまう場合もあります。

 

ゴルフ保険が適用される事項は、何もたいそうなことばかりとは限りません。
例えば、プレー中にクラブがポッキリ折れてしまうような事はよくあることで
すし、ゴルフ保険の対象になっているのが一般的です。

 

ゴルフ保険事故証明書などはゴルフ場や練習場が証明書を出してくれますから
その場で発行を頼むと手間が省けて楽ですよ。

スポンサードリンク

ゴルフ保険で保険金を請求する方法関連ページ

保険金詐欺
ゴルフ保険の詐欺ではホールインワン保険の詐欺などがありますが、もちろん立派な犯罪です。1〜2年後に内定されて起訴される場合がほとんどです。間違っても加担などしてはいけません。犯罪者になります。
ゴルフ保険付きゴールドカード
ゴールドカードでゴルフ保険が付帯しているカードもあります。CBザ・PGAクラブカードやJALダイナースカード、JAL CLUB Aゴールドカードなどがあります。一度調べてみてはいかが゛てしょうか。
当日加入
ゴルフ保険は当日加入も可能です。ゴルフに行く日だけでも選択して加入できます。万が一のことを考えて加入は忘れずに行いましょう。
ゴルフ保険付きクレジットカード
ゴルフ保険で加入する時はクレジットカードとセットの組み合わせた場合は優待特典の中にゴルフ関係のサービスが用意されている場合が多くあります。
オンライン申し込み
ゴルフ保険をオンラインで加入する際に気をつける点や利点など説明しております。加入の際にお役立てください。
トータルアシストからだの保険
東京海上日動のゴルフ保険は、旅行・レジャー保険ジャンルの「トータルアシストからだの保険(ゴルファー)」です。 必要なリスクヘッジをまとめて契約することが出来ますので、これさえ契約しておけば安心です。
ゴルフクラブの紛失
ゴルフ保険は、一般的にはゴルフクラブの紛失については補償はありません。 盗難に関しては補償の対象としているのがほとんどですが、紛失は個人の過失であると認識しましょう。
対人無制限に加入
ゴルフ保険は、自分が加害者になってしまった時の大きな安心です。 対人無制限、対物無制限で、示談交渉付きを選びましょう。 保険会社にフリープランで組んでもらうことも出来ます。
積立傷害保険
ゴルフ保険の掛け捨てと積立傷害保険とどちらが良いかは一概に言えませんが、積立傷害保険であれば補償の範囲が広い場合も多いですし、ゴルフに限らず他のスポーツまで網羅してくれる商品も存在します。
当日契約
ゴルファー保険で当日契約を加入する場合の費用は、保険会社や保障内容によってもマチマチですが、1日だけならほんの数百円です。 MAX保障をかけてもほぼ1,000くらいで契約出来ます。
ゴルフ保険の契約を選ぶ
ゴルフ保険を契約する場合は損害賠償に注意して選ぶと良いでしょう。 最近人気なのは損害賠償の補償部分に示談交渉を付帯したものです。 自分が加害者側に回ってしまう恐れがありますから、示談はポイントです。