ゴルフ保険の死亡保険金を請求規定

スポンサードリンク

ゴルフ保険の死亡保険金の規定

ゴルフ保険の死亡保険金は、保険に入っている本人が事故の発生した日から
含めて規程の日数内に死亡した場合に支払われる保険金です。

 

おおむね180日程度の期間が定められていることが多いようですね。
後遺症障害保険金などをすでに受け取っているような場合には、その分は差し
引かれることが多いでしょう。

 

よく間違うのは、ゴルフ場などで誰か他の人を死亡させてしまった場合に支払
われる保険金だと思うことです。

 

こちらは損害賠償の範疇ですので、賠償責任保険のほうへ加入が必要です。
死亡保険はあくまでもゴルファー自身のケガの補償となっているのが一般的で
すから、加入する際にはよく確かめてください。

 

対象となるのはゴルフ場だけでなく、ゴルフの練習をしていた場所でも適用さ
れますし、そうしたゴルフ関連施設に付随する更衣室や休憩室、レストラン、
入浴施設なども含まれるのが一般的です。

 

本人がプレーしている場合はもちろん、プレーせずに指導していたような場合
にも適用されますが、「急激かつ偶然の外来の事故」という条件になっていま
すので、突発的な事由であることが前提となります。

 

この「突発」や「偶然」といった条件の曖昧さが難しいところですが、例えば
熱射病などは含まれない場合が多く、レストランでの食中毒なども含まれま
せん。

 

起きたことそのものを考えれば、本人や家族にとってはどれも突発的な事故に
違いはないのですが、解釈についてはよく調べて保険会社側に細かく説明を要
求しておくべきでしょう。

スポンサードリンク

ゴルフ保険の死亡保険金で注意すること関連ページ

後遺障害保険金
ゴルフ保険の後遺障害保険金とはゴルフのプレー中に突発的な事故に遭った時に一定期間内の後遺症に保障されものです。
賠償責任保険金
ゴルフ保険の賠償責任保険金はプレー中に他人に怪我をさせたり、他人の物を壊てしまった場合には頼りになる保険です。
通院保険金
ゴルフ保険の通院保険金とはゴルフプレイ中に思わぬ事故に遭った場合などに普段の生活や仕事に支障が出る場合に通院して治療するなどに支払われる保険金です。
入院保険金
ゴルフ保険の入院保険金が支払われるとはどんな条件があるのかについて解説しています。保険金の受取にも細かな取り決めがされていますので約款を確認する必要があります。
保険金の不払い
ゴルフ保険で不払いが起きて揉めるケースは少なくありません。 自分が契約しているゴルフ保険の対象がどの範囲で、どういった場合に補償が下りないかは知っておく必要があります。
ドライバーが破損した時の請求
ゴルフ保険でドライバーが破損した時の請求に必要な書類は、事故証明書、修理見積書、写真、保険金請求書です。 事故証明書は出来ればその場でもらっておくことをお勧めします。