ゴルフ保険の税金の確定申告

スポンサードリンク

ゴルフ保険の税金について

ゴルフ保険に加入していて気になるのは、税金の問題です。

 

まず最初に、会社勤めの人の年末調整や個人の確定申告時に、ゴルフ保険は
損害保険として控除の対象になるかどうかという点が気になりますよね。

 

これは、保険契約の内容によって控除に該当するかどうかが変わってきますの
で、保険会社から内容がわかるような証明書を取り寄せる必要があります。

 

例えば、第三者に対する損害賠償に関するものや、自分自身の障害に対する
補償、そしてゴルフ用品などの物損に関する補償などについては控除の対象と
なりますが、ホールインワン補償やアルバトロス補償などは控除の対象とはなり
ません。

 

保険会社によってはこれらの項目がわかるように金額をちゃんと分けてある
控除証明書を送付してくれるところもありますが、直前で慌てないように
前もって保険会社に問い合わせておいたほうが確実ですね。

 

また、ゴルフ保険の保険金を受け取った場合の課税についても気になるところ
です。

 

例えば、ゴルフ保険を支払っている期間中にホールインワンを達成し、保険金
が下りたとします。

 

これはその年の所得税として課税対象になるのか?といった疑問ですね。
この場合、結論から言うと課税対象となります。

 

非課税とされる保険金の内容は、所得税法上、「心身に加えられた損害又は突
発的な事故により資産に加えられた損害に起因して取得するもの」と定められ
ているため、ホールインワンの達成は該当しないわけですね。

 

例え、下りた保険金が100万円で、実際には祝賀会や記念品等で120万円の出費
があったとしても、それを控除することは出来ません。

 

100万円から控除出来るのは、残念ながら支払った保険料のみですので注意が
必要ですね。

 

スポンサードリンク

ゴルフ保険に加入後の税金が気になる関連ページ

補償内容
ゴルフ保険の補償内容は本来の目的は他人にけがをさせてしまった時や他人の持ち物を壊してしまったなどが目的です。ホールインワン賞や自身のゴルフ用品の損傷などの補償は補助的なものです。
積 立
ゴルフ保険の積立が人気になっています。満期になった資金でゴルフクラブを購入したり車の買い替えに利用するなど楽しみが増えます。
パークゴルフ保険の補償内容
ゴルフの他にも気軽にできるパークゴルフがあります。最近はと特に年配の方などにに人気を集めしています。パークゴルフ保険などの補償内容など解説しています。
海外の補償
海外でのゴルフで、必要なのはやはりゴルフ保険です。 海外でプレーする時にも補償がちゃんと受けられるゴルフ保険もありますし、ホールインワン保険以外は変わらずサポートをしてくれます。